植毛の副作用と危険性

植毛と自毛植毛がわかる!

植毛の副作用と危険性

.

植毛は安全?

研究

植毛の研究が進んで、昔に比べれば植毛技術も進み、少しずつ植毛は安全に近づきつつあります。しかし、絶対に安全とはなかなかいえないようで、植毛にはまだまだデメリットも多くあるようです。きちんとしたクリニックで知識も技術も豊富な医師が植毛を行えばそれなりに安全性は高いとされていますが、その場合も「絶対」に副作用は起こらない、危険性はない、とは言い切れません。世の中、何に対しても「絶対」ということがないように、植毛についても絶対安全、絶対副作用はない、とは限らないのです。そのため、植毛は安全、怖くない、といってはいても、それを100パーセント信用しきってしまってはいけません。それなりの危険性、リスクを伴うものであることをしっかり認識する必要があります。


ページのトップへ ▲

植毛の副作用とは?〜自毛植毛の場合

手術

では、植毛の副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは自毛植毛についての副作用を説明していきます。この植毛の場合、移植手術が必要になります。移植手術は外科的な手術になるため、麻酔はもちろんのこと、傷跡が頭皮に残ることになります。髪の毛が生えてしまえば傷は外からは見えなくなりますが、頭皮に傷跡が一生残る、ということは覚えておかなければいけません。また、痛みやかゆみなどもしばらくは続くため、覚悟が必要です。次に、植毛のために移植した頭皮は、いったん髪の毛が抜けます。抜けない場合もありますが、だいたいは抜けて、それからしばらくしてから髪の毛が生えてくることになります。そのため、職毛をしてすぐに効果が目に見えるわけではありません。これは副作用ではなく、正常なことなので危険性があるわけではないですが、知っておいたほうがいいかと思います。


ページのトップへ ▲

植毛の副作用とは?〜人工植毛の場合

汗

人工植毛の副作用はいろいろ問題にもなっています。人工植毛の副作用(危険性)は、特に感染症に気をつける必要があるようです。人工植毛は人工物を植え込むため、頭皮の組織が異物と判断し、攻撃してくることがあります。そのため、炎症が起こり、頭皮がボロボロの状態になってしまいます。生やすために行った植毛が、どんどん抜けてしまうこともあるようです。そうでなくても頭皮は汚れがたまりやすい場所です。ちょっと運動したり夏場などは、簡単に汗をかいて頭皮は不潔になります。そのため、そういったところから感染してしまう危険性もあります。人工植毛をして副作用が起こり振り出しに戻ってしまった・・・というのであればまだよいですが、植毛をする前よりも酷い状態になってしまう人もいるようです。


ページのトップへ ▲

危険性を知っても植毛したい!

情報

このように、植毛には副作用や危険性があります。しかし、それでも植毛をしたい!という人はたくさんいます。薄くなってしまった髪の毛をどうにかしたい。植毛をして人生をもう一度やり直したい。そういう切実な悩みを抱えているからでしょう。副作用や危険性を知りつつ植毛を受ける人を無理に引き止めることはしたくないと思っています。副作用や危険性を全く知らずに植毛を受けようとしている人に対しては、ちょっと待って!と声をかけたくなりますが、もう副作用も危険性も知っているのであれば、それは個人の考えがあってのことだと思うので、止めません。もしかしたら副作用が起こらずに植毛が成功するかもしれません。そうしてその人の人生が変わるかもしれません。そういう可能性を考えると、一概に危険だからといって止めさせるのも躊躇ってしまいます。また、植毛の技術は日々進歩しています。そのため、新しい植毛方法によって副作用も危険性も少なく植毛ができるかもしれません。なので、副作用や危険性はあるものの、どうしても植毛をしたい!と考えている人は、常にアンテナを張って最新の植毛情報をチェックしてみてください。


ページのトップへ ▲

| ホーム | 植毛は怖くない? | 副作用と危険性 | 料金体系は? | 体験談が聞きたい! | 失敗したりしないの? | 薄毛に効果的? | 自毛植毛ってどんな技術? | こんなクリニックに相談しよう | まつ毛の植毛の方法は? | まつ毛の植毛をしたい! | まつ毛も自毛植毛できる? | 眉毛の植毛をするには | 眉毛も自毛植毛できるの? | ブライス植毛の方法 | プチブライス植毛の方法と効果 | 静電植毛とその効果 | 静電植毛ローラーと静電植毛機の効果 | 医療植毛とその効果 | 人工毛の植毛でも大丈夫? | ドール植毛とその効果 |

Copyright (C) 植毛と自毛植毛がわかる! All Rights Reserved.