まつ毛の植毛の方法は?

植毛と自毛植毛がわかる!

まつ毛の植毛の方法は?

.

まつ毛の植毛ができる?

マスカラ

植毛という方法は、頭髪が薄くなってきた人が選択するものだと思いがちですが、眉毛やまつ毛が少なかったりする場合にも植毛という方法が使えるようです。まつ毛が少ないと目元がパッとしない感じがありますし、もともとまつ毛が疎らにしか生えていない人などは、目にコンプレックスを抱えていたりします。薄毛の悩みは男性に多いですが、まつ毛の悩みは女性に多いようです。女性にとってまつ毛とは、かわいくおしゃれするためには欠かせない部位です。ビューラーでまつ毛を上げて、マスカラでボリュームを出す。この方法で目元にメイクを施している女性はたくさんいると思います。そんな女性たちは、ビューラーやマスカラを使い続けていることによって、まつ毛にとっても負担だということを知っています。それでもおしゃれのために続けて使ってしまうのです。だから、まつ毛に負担をかけずにおしゃれなまつ毛になれる方法があれば、こんなに嬉しいことはないのだと思います。そのため、まつ毛を植毛するという方法はとても魅力的に映るようで、徐々に注目されつつあります。


ページのトップへ ▲

まつ毛の植毛って怖そう・・・

まつ毛

まつ毛は植毛という方法でも増やせたりボリュームアップができるとわかっても、実際どんな方法で植毛するの?という疑問が出てくると思います。つけまつ毛やエクステまつ毛とは違うの?と思うでしょう。つけまつ毛などのように、簡単な装着方法でできるのならぜひやってみたいけど、植毛ってことは植えつけるということだから、何だか怖そう・・・そんな不安も出てくるかもしれません。次はまつ毛の植毛についての方法を説明していきますね。


ページのトップへ ▲

まつ毛の植毛の方法と効果

クリニック

実際、まつ毛の植毛方法は、つけまつ毛などとは全く違います。まつ毛の植毛だなんて簡単にできてしまいそうなイメージがありますが、まつ毛の植毛は手術が必要になる方法です。まず、頭皮からまつ毛に植毛するための移植片を採取しなければいけません。それには、頭皮を切開して組織を採取する必要があり、局所麻酔は使いますが、頭皮に傷跡が残ることになります。しかし、傷跡は徐々に目立たなくなってきますし、生えてくる髪の毛で外から見えることはまずありません。そして、採取した移植片をまつ毛に植毛していきます。まつ毛に植毛するときも麻酔をするため、痛みは抑えられますが、目元で作業が行われるため、雰囲気的にちょっと怖そうですね。手術時間はそれほど長くなく、入院などの必要もありません。しかし、手術後はしばらくするまで目元のメイクは控える必要が出てくるようです。常に目元メイクをキメている女性などは、メイクをしなくても大丈夫な時期にまつ毛の植毛をするとよさそうですね。髪の毛についても、抜糸などが済むまでは洗髪できなかったりしますので、あらかじめ知っておいたほうがいいですね。まつ毛の植毛には手術が必要!ということでしたが、この説明だけでは「手術といっても案外たいしたことない」と思う人もいるかもしれません。しかし、まつ毛の植毛はとても細かな作業・方法ですので、クリニック選びや医師選びがとても大切です。たまたま見かけて安かったから・・・などの理由でまつ毛の植毛を行ってしまうと、もしかしたら失敗や納得いかない仕上がりになってしまうと思います。そのため、どんなクリニックなら信頼して任せられそうかを見極める、クリニック選びの方法を知っておくとよいかと思います。


ページのトップへ ▲

| ホーム | 植毛は怖くない? | 副作用と危険性 | 料金体系は? | 体験談が聞きたい! | 失敗したりしないの? | 薄毛に効果的? | 自毛植毛ってどんな技術? | こんなクリニックに相談しよう | まつ毛の植毛の方法は? | まつ毛の植毛をしたい! | まつ毛も自毛植毛できる? | 眉毛の植毛をするには | 眉毛も自毛植毛できるの? | ブライス植毛の方法 | プチブライス植毛の方法と効果 | 静電植毛とその効果 | 静電植毛ローラーと静電植毛機の効果 | 医療植毛とその効果 | 人工毛の植毛でも大丈夫? | ドール植毛とその効果 |

Copyright (C) 植毛と自毛植毛がわかる! All Rights Reserved.