植毛は失敗したりしないの?

植毛と自毛植毛がわかる!

植毛は失敗したりしないの?

.

植毛で失敗したらどうなる?

髪の毛が抜ける

植毛で失敗というとどういうことをいうのでしょうか?植毛したことで頭皮に炎症が起こり、髪の毛が抜けてしまったり、頭皮が荒れてカサブタだらけになってしまったり、そういうものも失敗といえるかもしれません。また、植毛をする際に髪の毛の流れや癖、生え方などをあまり考えずに植毛してしまうと、植毛後に不自然な髪型になってしまったり、植毛したことがなんとなくバレテしますことも失敗のひとつかもしれません。また、イメージ通りの髪型にならなかったり、しばらくして再度植毛が必要になったり、想定外の支払いを要求されたりするのも失敗といえるでしょう。


ページのトップへ ▲

植毛で失敗したときのことを考える

麻酔

植毛は確かに副作用や危険性はありますが、きちんとしたクリニックや病院、医師のもとで行われる植毛であれば、失敗は最小限に抑えることができます。植毛を行う医師も人間ですから、ミスをしてしまうこともあるかもしれませんし、植毛する自身も人間ですから、植毛後に拒絶反応や思わぬ副作用が出ることもあるでしょう。こういったことは、どんなことにも当てはまるもので、たとえば盲腸の手術をするときであっても、麻酔が身体に合わず、ショックを起こしてしまうこともあるのです。そのため、植毛をするときも、もし万が一何か起こったとしてもそれを受け入れられるだけの覚悟が必要です。


ページのトップへ ▲

植毛で失敗しないために

医師

予測できない失敗について事前にどうにかしようと思っても、それはなかなかできることではありません。もしそういった失敗を防ぎたいのであれば、植毛をあきらめることだと思います。先にあげたような予測できない失敗を覚悟することができないのであれば、後々トラブルに繋がることもあるかと思いますので、植毛のことはきっぱり忘れたほうがいいかと思います。それとは別に、もともと植毛についての知識や技術がほとんどなく、事前のカウンセリングも適当に終わらせるというようなやり方をしているところで起こりやすい失敗は、先にあげた例とは違って、防ぐことができるものです。要は、植毛をしてもらうところを選ぶとき、信頼の持てる、経験・実績のあるところを選ぶようにすれば、失敗の可能性は低くなります。また、植毛についての説明をしっかりと聞き、認識のズレがないか自分でもしっかりチェックしたり、カウンセリングで自分のイメージや考えてること、不安、疑問点などをきちんと伝える努力をすることで、植毛後のイメージの違いなどは防ぐことができるように思います。また、インターネット上の情報だけを頼りにして植毛を決意するのではなく、実際に医師などに相談しましょう。インターネット上の情報というのは、植毛のプロが書いているものもあれば、私のような一般の人が書いている情報も山ほどあります。そのため、本当に失敗したくない、植毛の事実を知りたいと思っているのであれば、最終的には医師に頼るようにしましょう。ここでの情報は参考程度にとどめておいてください。


ページのトップへ ▲

| ホーム | 植毛は怖くない? | 副作用と危険性 | 料金体系は? | 体験談が聞きたい! | 失敗したりしないの? | 薄毛に効果的? | 自毛植毛ってどんな技術? | こんなクリニックに相談しよう | まつ毛の植毛の方法は? | まつ毛の植毛をしたい! | まつ毛も自毛植毛できる? | 眉毛の植毛をするには | 眉毛も自毛植毛できるの? | ブライス植毛の方法 | プチブライス植毛の方法と効果 | 静電植毛とその効果 | 静電植毛ローラーと静電植毛機の効果 | 医療植毛とその効果 | 人工毛の植毛でも大丈夫? | ドール植毛とその効果 |

Copyright (C) 植毛と自毛植毛がわかる! All Rights Reserved.